SEOのテキストがはいります。

 
 

トップページ商品&サービス>共生資源研究所 亜臨界水処理バイオガスプラント

共生資源研究所 亜臨界水処理バイオガスプラント

亜臨界水処理を用いた高効率バイオガス発生システムが
循環型社会のモデルとして脚光を浴びています。

酪農家や養豚場などで排出される糞尿を処理し、有機肥料に変換するとともに、微生物分解によって発生するメタンガスをエネルギーに自家発電を行います。亜臨界水を用いることで、分解を大幅に効率化し短時間で処理することができます。
日本の廃棄物の70%をしめるといわれる有機性廃棄物を循環処理する効果的な方法として期待されています。

亜臨界水処理で、微生物発酵を効率的に!
処理時間の大幅な短縮と装置のコンパクト化が実現しました。

従来の常識を上回る費用対効果に業界から注目が集まっています。

亜臨界水処理バイオガスプラントの詳細内容をご確認頂けます。
画像をクリックください。

■シミュレーション(近隣酪農家5戸分受託処理)

 

既存プラント

本装置導入プラント

処理内容

メタン発酵

亜臨界水処理+メタン発酵

処理能力(t/日)

14

84

プラント規模相対値

1

1

イニシャルコスト試算値(百万円)

238

238

年間発電量(kWh)

521,950

5,640,000【約11倍増】

年間電力料金換算(千円)

10,982

5,640,000【約11倍増】

 
   
   
   
   
 

Copyright(C) Value Add Technology Japan. All rights reserved.