SEOのテキストがはいります。

 
 
 

トップページ>商品&サービス

 
 

モチガセ 「バリエール BR-p3 抗ウイルスマスク」 備蓄用(50枚セット一箱販売)
ただいま特別キャンペーン実施中!

食品にも使われている天然鉱物をナノテクノロジーで超微細特殊加工にし生まれた抗ウイルス素材「BR-p3」が
ウイルスを瞬時に不活性化します。

「モチガセ‘バリエール’BR-p3 抗ウイルスマスク 備蓄用」は、株式会社モチガセと鳥取大学・東京医科歯科大学との共同開発により生まれた抗ウイルスマスク。原料のドロマイドを使った超微細特殊加工の「BR-p3」処理を施したフィルターを使用することで、ウイルスの進入を99.9999%阻止します。

鳥取大学鳥インフルエンザ対策室大槻教授と10年前からの研究で開発された
新型インフルエンザ対応最強マスクです。

 
 

共生資源研究所 亜臨界水処理バイオガスプラント

亜臨界水処理を用いた高効率バイオガス発生システムが循環型社会のモデルとして脚光を浴びています。

酪農家や養豚場などで排出される糞尿を処理し、有機肥料に変換するとともに、微生物分解によって発生するメタンガスをエネルギーに自家発電を行います。亜臨界水を用いることで、分解を大幅に効率化し短時間で処理することができます。
日本の廃棄物の70%をしめるといわれる有機性廃棄物を循環処理する効果的な方法として期待されています。

通常何ヶ月もかかる分解処理をわずか1週間程度で処理することができます。

 
 

共生医学研究所 免疫細胞BAK(バック)療法

最も優れたガンの治療法として期待。多種の免疫細胞の組み合わせと活性化技術で新たな免疫細胞療法を実現。

免疫細胞療法は体に負担の少ないガン治療法として認知されていますが、全てのガン細胞に有効とは言い切れませんでした。「免疫細胞BAK(バック)療法」は、従来実現出来なかった高い確率でガン細胞を特定し攻撃できる画期的な免疫細胞療法です。今後のガン治療の常識を覆すガン治療の最前線をご紹介します。

外科手術や抗ガン剤投与などとは異なり、体に負担の少ないガン療法です。

 
 

日メコン2009交流記念事業
写真家高島史於による写真集「メコンが結ぶうるわしの国々」スポンサー募集中!

アジア地域発展の鍵を握る東南アジアの中核、メコン川流域の5カ国。民間レベルの交流が進んでいます。

2009年は日本とメコン川流域の国々との交流年として様々な交流事業が行われています。弊社は交流事業を推進する「日メコン2009交流年記念 外務省観光事業認定会社」に認定されました。
今後の発展が期待される5カ国の魅力を紹介します。

写真家 高島史於(日本舞台写真家協会会員)

経済・観光ともに魅力のあるメコン川流域の国々はアジアの未来を担っています。

 
   
   
   
   
 

Copyright(C) Value Add Technology Japan. All rights reserved.